*

借金返済の悩みを解決しました

新聞の広告、ゴシップ新聞、街中に見られる宣伝やDMで、「多重債務の片付けいたします」「多重借金をひとつにしましょう」という売り言葉を目に入れることがありませんか。

このようなものは、「整理屋」「買取業者」「紹介屋」という名称の悪徳会社の嘘広告のときもあったりします。

これらを申し込んだケースでは破産申請の流れの中で最優先の免責許可を手に入れられなくなる危険もあります。

「整理人」の場合ダイレクトメールなどで多重債務者を集め、常識外の依頼料を取り整頓をやりますが現実には整理は行われないまま、債務人はさらに借金スパイラルに陥る場合がほとんどと思われます。

「買取業」とは、借金者のローンで電化用品、飛行機のチケットなどをいっぱい購入させて負債人からそれらの物品を販売額の3割もしくは額面半値で購入するという手段が主です。

負債人はそのときはお金が得られますが、必ずカード業者からの商品価格の販売額の支払い要求が送られてきて、負債額をアップさせる結末になります。

このときはクレジットカード業者に対する詐欺に当たるということで免責が受けられません。

「紹介人」では、大口の金融業者から拒絶されるようになった負債人について、自分では提供は全然せずに、融資を受けられる同業者を紹介して、高いサービス料を要求する悪徳業者です。

紹介者は専門的な紹介で資金提供してもらったという口調で話しますが、実際には何もしておらず、ただルールの通りやすい会社を説明しているというだけなのです。

この場合でも負債を悪化させる結果となります。


コメントする