*

新卒者の研修に関して

間違いなく覚えのない番号や非通知設定の電話から着信があったりすると不安に思う心情はわかるのですが、それにぐっと耐えて最初に自分の名前を名乗り出るべきでしょう。
【就職活動の知識】就職面接で緊張せずに答える。そんな人になるにはずいぶんな慣れが必要なのである。ですが、面接試験の場数をそんなに踏めていないと普通は緊張するのだ。
苦難の極みを知っている人間は仕事する上でも強みがある。そのへこたれなさはあなたならではの武器なのです。この先の仕事していく上で必ず役立つ日があるでしょう。
上司(先輩)が優秀な人ならラッキー。だけど、逆に仕事ができない上司なら、どのようなやり方で自分の優秀さを売り込めるのか、あなたの側が上司をうまく誘導することがポイントだと思います。
今の仕事の同業者の人に「家族のコネでSEだったけれど転職してきたのである」という経歴の人がいるが、ほかの業界から来た彼の経験によるとSEとして働いていた時のほうが全く比べられないくらい仕事が楽なのだそうである。
【ポイント】選考の際に応募者をグループにしてグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を導入しているところは多くなっている。採用担当者は普通の面接だけではわからない性格などを知りたいのが狙いである。
ある日突如として知らない企業から「ぜひ弊社に来てほしい」などという話は全くあり得ないといってもいいでしょう。内定を多く出されている人はそれだけ数多く就職試験で不採用にもなっているものです。

次の記事も読んでね!!

  1. 新卒者の研修に関して
  2. 不動産の集客


コメントする